ブログの過去記事を自動ポストしてくれるプラグイン,Tweetily

シェアする

iftttのイメージ

セキュリティ対策でGoogle認証入れてからはエラーが出てしまって自動ではつぶやいたり、facebookに投稿してくれなくなってしまいました。

IFTTTについてはこちら

Google認証を外すつもりも特に無いので、何か別の方法がないかなーと考えてたところ、プラグインで過去記事を定期的にツイートしてくれるプラグインがあったので導入してみました。

最近、私のTwitterアカウントが過去記事ばっかりつぶやきだしたのは、このプラグインを入れたから。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

Tweetily

導入したのは、Tweetilyというプラグイン

もう一つ別のプラグインがあったのですが、Twitter側で上手く認証できなかったため、こちらにしました。

WordPressのプラグインからTweetilyで検索すれば出てきます。

インストールしたら、ダッシュボードにメニューが追加されているので、クリック

Twitter認証ボタンが表示されますので、こいつを押してTwitter認証を行います。

tweetliy設定画面こんな画面になるので、上から

  1. 記事タイトルのみ、内容のみ、両方のどれかでつぶやくのか
  2. 追加のテキスト
  3. 追加テキストをどこにつけるのか
  4. リンク
  5. ハッシュタグ
  6. 何時間ごとにツイートするか

を決めます。

下部に設定したブログ記事のカテゴリーが出てるので、“呟きたくない”カテゴリーにチェックを入れておきます。

あとはそんな必要ないかな。と思います。

最初は3時間毎に設定したのですが、あまりにも過去記事が多くなってしまいましたので、4時間で運用して、結局5時間設定にしています。

掘り起こしが凄い

自動ポストを見て驚く人

呟きたくないカテゴリー以外記事をランダムでつぶやいてくれているので、Twitterのタイムラインを見てみたら、「そんなの書いてたな!」と自分でも思い出す記事が多くありました。

Twitterはものすごくタイムリーなソーシャルメディアなので、定期的に自動ポストしてても見てる人からしたら、さほどストレスにならないし、むしろ過去記事のアクセス数が伸びる要素があるので、導入してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする